こちらに掲載のないものにつきましてはお気軽にお問い合わせください

質問一覧 クリックすると回答を表示します

ドライアイスについての質問

ドライアイスはどのような形で届くのですか?
ドライアイスは非常に融けやすいため(昇華)、新聞紙と防水紙で包み、発泡スチロール製の保存箱で配送いたします。
通常は常温の宅配便でお届けしますが、追加料金でクール便でのお届けも可能です。
なお弊社がドライアイスの発送に用いている発泡スチロール箱のサイズは外寸で、
5kg用 :34cm×25cm×14.5cm
10kg用:40cm×33cm×16.5cm
15kg用:42cm×32.5cm×16cm
20kg用:40cm×32cm×28.5cm
なお、25kgも20kg用の箱を用いています。

▲ close

ドライアイスの大きさは?
製造工場の標準的な出来立てのドライアイスは1個がおよそ25kg~27kgで、
約25cm×25cm×27cmの立方体(正確には型から抜きやすいよう、上下を除く4面に若干の傾斜が付いています。)です。
1kgのドライアイスはおよそ25cm×12cm×2cm(厚み)
2kgのドライアイスはおよそ25cm×12cm×4cm(厚み)です。
ただしドライアイスは昇華が激しいため、出来立ての製品と1日経過した商品では寸法や、密度が違うため、若干寸法や厚みが異なります。

▲ close

ドライアイスは何キロから購入可能ですか?
弊社営業所までお越しいただけるのであれば、1kg単位で1kgからご購入いただけます。
通信販売では5kgから承っております。
通販の場合、最短お届けでも翌日午前中着となり、出荷後十数時間経過することから夏場は5kgでも半分前後に目減りするため、5kg未満のご注文はお受けしておりません。少量のドライアイスは直接弊社までお越しいただくか、最寄りの販売店でお買い求めください。

▲ close

ドライアイスは到着時にどれ位目減りしていますか?
気温とお受取時間(経過時間)により残存容量も異なります。
ドライアイスは通常17:00前後に梱包し、常温便で発送いたします。 ほとんどのドライアイスは翌日早朝ヤマト運輸着店に到着し、お客さんの到着希望時間まで常温で保管されることになります。夜間に受け取られる場合出荷から24時間以上経過して配達されるため、目減りは激しくなります。
可能であるなら、午前中着で受取り、ご使用になるまで冷凍庫や冷暗所で保管することをお薦めいたします。

目安として以下を参考にしてください。
 5kgで翌日3.5kg前後、翌々日2kg弱
 10kgで翌日7.5kg前後、翌々日5kg弱
 20kgで翌日17kg前後、翌々日12kg弱

なお、翌々日着や夜間着をご希望の場合は、クール便でのお届けをお薦めいたします。

▲ close

ドライアイスを朝に届けていただけますか?
ヤマト運輸のタイムサービス(追加料金が必要です)を利用することで朝10時まで着が可能です。ただし冷凍便、代引き(代金引換)は対応していません。
早朝便の商品をお選びください。

▲ close

ドライアイスを普通料金で朝に引き取ることはできますか?
ほとんどの地域でセンター留置きを利用することで朝8時からお引き取りが可能です。お届け先には複数のヤマト運輸センターがある場合がありますので、必ずヤマト運輸センターの名称、センターコードをお知らせください。
ただし、日曜祭日休業のヤマト運輸センターもございますのでご注意ください。
冷凍便、代引きでの対応も可能です。詳しくはヤマト運輸のサイトをご覧ください。

▲ close

午前中の時間指定はできますか?
午前中の時間指定はできません。
ドライバーが朝8時から12時にかけて順次配達いたします。配達ルートにより9時前に届くエリアもあれば、12時を回ってから届くこともまれにあると聞いています。

出荷後に送り状番号をお知らせいたしますので、ヤマト運輸の追跡サイトで現在位置等の情報を確認することができます。
問い合わせはコールセンターTEL:0120-01-9625です。
遅配による受け取り拒否はできません。また損害補償にも応じられません。時間厳守のお客様は、最寄りの販売店で直接お買い求めください。

▲ close

ドライアイスの保存方法は?
冷凍庫、冷蔵庫での保管を薦めます。
発泡スチロール箱が大きくて入らない場合は、中身だけ出して冷凍庫に保管してください。 可能であれば保冷シート、新聞紙で包むことで効果が期待できます。 常温で保管する場合は、冷暗所で保冷シート、毛布などで包むと効果的です。
ドライアイスの表面温度はおよそ-78.9度、ドライアイス保管用の-80度の極低温冷凍庫で保管しても、扉を開閉するごとに庫内に暖気が入り込み目減りします。完璧な保管方法はありません。
なお、長時間保管する場合は車内などの密室は避けてください。酸欠を起こす危険性があります。

▲ close

ドライアイスの取り扱い上の注意点は?
直接素手で触るのは危険です。必ず乾いた手袋、軍手を用いてください。
裸のドライアイスの持ち運びには、家庭用の鍋つかみが便利です。何もない場合は乾いたタオルを代用してください。
ドライアイスは一枚ずつ包装してありません。
ドライバーやアイスピックなどで突いて割っていただき、1枚ずつ新聞紙に包んでご利用ください。裸のままでは急速冷凍の効果はありますが、すぐ融けてしまいます。
割って使う場合は破片が飛び散り目に入る危険がありますので、 必ず布で覆い、金づち、ドライバーの柄などで軽くたたいてください。簡単に割ることができます。
割ったドライアイスは非常に融けやすいので、ご使用前に割ることをお勧めいたします。

▲ close

スモーク(白雲の演出)にどのくらいのドライアイスが必要ですか?
砕いた4kgのドライアイスをバケツに入れ、80度前後の熱湯を注ぐと10分ほど濃厚な スモークが発生します。湯の量は4Lほど、湯の温度が下がるため4回に分けて注いだ方が効果的です。
スモークはバケツ上部から八方に吹きこぼれますので、団扇でステージへ向けてあおぎ寄せるか、一か所だけ吹き出し口を開けた覆いを段ボール箱などで作り、バケツにかぶせると吹き出し口からしかスモークが出ないため効果的です。段ボール箱は必ずバケツより背の高いものをご利用ください。
扇風機は八方にスモークを拡散させるため、お奨めしません。
火傷には十分ご注意ください。

▲ close

氷についての質問

家庭用の冷凍冷蔵庫で作る氷と製氷会社で売っている氷は、何処が違うのですか?
氷屋さんの氷は48時間かけて不純物を取り除き、硬く透明な氷(純氷)を作っています。
家庭用の冷凍冷蔵庫で作る氷は、結氷の過程で水中の不純物や空気が中心部に集まり白っぽい氷になります。また短時間で製氷するために結晶の大きさも小さいです。これが融けやすく、不透明で、硬度不足になる原因です。
家庭用冷蔵庫や自動製氷機で作った氷を入れた、アイスコーヒーやウイスキーがすぐに水っぽくなるのも、同様の理由からです。

▲ close

家の冷凍庫で氷をつくっても透明な氷になりませんどうしてですか?
氷が白濁するのは主に水中に含まれる空気が原因です。
水は透明なので空気が含まれていると実感できませんが、 水生生物が呼吸できるように水の中には空気が溶け込んでいます。
家庭用の冷凍冷蔵庫で作る氷は短時間で製氷するため、水の中に溶け込んでいた空気が外気に抜け切れず、氷の中でおびただしい小さな気泡となって取り残され、光を乱反射させるからです。
透明な氷の結晶である雪が、白く見えるのも同じ理由からです。 不透明なスリガラスの原理も同じですし、透明なガラスも粉砕すれば白く見えます。

▲ close

家庭で透明な氷を作ることは可能ですか?
昔から製氷器の下に割り箸を2本並べる方法が伝えられています。
保冷シートなどの断熱材で包む方法もあります。
製氷器の水がゆっくり対流しながら凍ると透明な氷が出来ます。池の氷と同じ原理です。
理論的には凍結速度を毎時2、3ミリメートル以下に抑えて凍結させれば透明な氷が出来るといわれています。
ただし、完全に凍結させてしまうと中心部に白濁した氷が残ります。水溜りの氷や、バケツの氷が表面だけ凍った場合は透明なのはそのためです。白濁の原因が主に水中の空気であることから、煮沸などの方法で脱気した水を凍らせることも一つの方法ですが、密閉容器でない限り空気は水面から溶け込んでくるので、時間を置けば普通の状態に戻ってしまいます。

むしろ曝気(空気を吹き込んで攪拌すること)することで、製氷工場は透明な氷を生産しています。
氷の結晶が成長する速さ以上の速さで強制的に水を対流させることにより、結晶から押し出されてくる気泡や、不純物を洗い流しながら1日かけてゆっくり凍らせ、中心部に集まった不純物を抜き取り洗浄して真水を満たしてもう一日かけて完全に凍結させます。 そうすることにより全体的に透明で硬い氷が出来ます。

▲ close

1Kgの氷で何杯のかき氷が作れますか?
弊社で販売しているかき氷カップ一杯で200gの氷を目安としています。1kgで5杯分になり。
氷の融ける分も入れていますので、もう少し作れるかも知れません。
これはあくまで夏祭りのイベントに使う普通のカップを対象としています。 今のところ少し余ったという報告は聞きますが、足りなかったという苦情はありません。 氷の量はカップの容量、氷のきめの細かさ、押さえつけ方、盛り方により大きく左右されますので、正確には試しに一杯削って量ってみることです。
ただし、昔ながらの四角い氷でかき氷を作る場合、氷の最後の厚さ5mmほどは削れない構造になっています。
これは最後まで氷を削ると、氷を押さえている爪が下の刃に当たって刃こぼれを起こしてしまうからです。
この分を勘案せず、単純に一杯分の重さで氷の必要量を計算すると足りなくなりますので、注意が必要です。

▲ close

美味しいかき氷の作り方はありますか?
ここではかき氷名店の削り方を伝授いたします。

1. 氷は常温に戻してから削る。
氷を長期保存するためには冷凍庫での保管が重要ですが、-18℃前後に冷却された表面が白く粉を吹いた状態の氷では美味しい氷は削れません。
木桶や、発泡スチロール箱などで、氷の表面が露噴いてくるまでゆっくり常温に戻してからご利用ください。
大量に削る繁盛店では、保管用は冷凍庫、かき氷用は冷蔵庫に収納しています。


2. 刃の研磨
 かき氷機の刃はメーカーにより使い捨てのステンレス製と、研磨することにより何年も使えるスチール製があります。
刃は鋭利で均一であり、刃こぼれのないことが望まれます。名店の中には研磨の刃先の角度にまでこだわれています。


3. 刃の調整
 氷を載せる台の下には刃の調整用つまみが付いています。このつまみを左へ回すと刃先が下側に倒れてきますので、刃先が台と同じ高さにくるところで止め、刃先のラインが、台と平行であるか確かめます。もしどちらかに偏っていると、均一な削れ方をしないので、刃を固定しているネジをドライバーで緩め、刃先が台と平行になる位置に固定しなおします。
次に常温に戻した氷を台に載せ、ストッパーで固定してスイッチを入れます。この段階では刃先が台と同じ高さなので氷は空転するだけで削れてきません。ここで刃の調整用つまみを少しずつ右へ回していきます。徐々に絹のように糸を引いて氷が削れてくるはずです。好みや、仕上がりの速さを重視するかにもよりますが、一般的には綿菓子のような雪になってきたところで調整を終了します。


4. 雪の受け方、盛り方
 器を片手で持ち、ゆっくり回しながらもう一方の手で崩れないよう円錐状に軽く押さえていきます。
大きく丸く盛り付けるためには、器を途中から斜めに傾け綿菓子の綿を巻き取るように回してください。

▲ close

ビールや飲み物を冷やすのにどれだけの氷が必要ですか?
飲み物10リットルにつき、水10リットルを加えると氷8kgが必要です。
飲み物を何度も追加して冷やす場合や、長時間持たせる場合はその量も加えてください。

飲み物を冷やす場合、氷の塊は接触部分以外を冷やすことが出来ないので、普通ドブヅケという方法を使います。
氷に水を加え冷水にして、飲み物全体を冷やすのです。
ここで問題なのが加える水の量です。
夏場は外気温も、水道水の温度も高く飲み物が水面に浮かび上がるほど大量に水を入れると、注いだ水の温度を下げるために氷がすべて融けてしまい、希望の温度まで下がらないことが起こります。
氷も融ければ水になりますので、その分も勘案して水は飲み物の量くらいに抑えるのが合理的です。

なお最も合理的(氷の使用量を少なくする)な方法は、水の変わりに小粒砕氷を使うやり方です。
飲み物をおおうように砕氷をかぶせると、飲み物を冷やしながら水になりますので、水を冷やすための熱量が不要な分、氷を節約できます。
長時間冷やす場合は、塊の氷との併用が必要です。

▲ close

氷の必要量を割り出す計算式は?
水1リットル(1kg)を1℃下げるのに1kcalが必要です。そして氷の潜熱は1kg当り、79.8kcalです。
以上のことから、

飲み物:t1、加える水の量:t2、(単位はリットルまたはkg)
外気温:t3、冷やしたい飲み物の温度:t4(単位は℃)とすると、氷の必要量Q(単位はkg)は

Q=(t1+t2)×(t3-t4)÷79.8

例:飲み物10kg、水10kg、外気温25℃、飲み物3℃(ビールメーカーが言うお奨め温度)
(10+10)×(25-3)÷ 79.8 =5.5kg
先の質問の氷の必要量の目安では同じ条件で5.5kgではなく8kgとなっていますが、これには浸入熱20%、氷の残存率20%を想定して計算しています。

侵入熱は断熱材で覆われたクーラーボックスとフタもないむき出しのショーケースではまったく異なります。直射日光が当たるところ、風通しの良いところでは時間当たりの侵入熱も格段に増加しますので十分勘案してください。

そしてもう一つ重要なことは、Qは氷の必要量であり、希望する飲み物の温度はすべての氷が融けたときに達せられるということです。
言い換えれば、氷の必要量Qがすべて融けてはじめて希望する温度まで下がるということです。
あとは侵入熱により、飲み物はゆっくり温くなっていきます。そのため温度維持の氷が必要になります。

▲ close

完全無添加シロップ、無添加シロップ、果汁入りシロップなどの違いは?
完全無添加シロップは果汁と北海道産ビートグラニュー糖だけでできています。
無添加シロップは保存料、合成色素、合成甘味料を使用していません。合成色素の代わりに天然色素を使用し、果汁で風味を引立てています。一部の商品にハチミツ、ビタミンC、酸味料、香料などか含まれていますので各商品ページをご確認ください。
保存料、合成甘味料不添加のシロップには白蜜(みぞれ)以外合成色素が使われています。

一般的な夜店で出されているかき氷シロップには、味、香り、色を強調し、長期保存が可能なように、保存料、合成色素、合成甘味料が添加されています。

▲ close

萬古焼についての質問

四日市萬古焼の納期、正確な在庫数は?
午前中にメーカーへ在庫確認し、当日午後にメーカーから結果が報告されます。この時点で在庫確認できましたら当日出荷しています。 季節はずれの商品、需要の少ない商品または需要が多過ぎ供給が間に合わない商品以外は在庫があるため、当日出荷可能です。また、現時点の正確な在庫数も確認できます。
ただし、四日市萬古焼のメーカーは大手デパート、量販店、中小販売店などに卸しているため、現時点での正確な在庫数を把握しておりません。弊社でも在庫を持っている商品は限られているため、注文があった時点で在庫数が判明されます。そのため本日100個あっても翌日在庫切れになっていることも、まれではありません。

▲ close

四日市萬古焼の再入荷は?
メーカーの窯の作業予定によって変わってきます。小さな窯元の場合は回転が速いため、2日から1週間の場合もあります。しかし季節物商品の予約がぎっしり入っている場合などは、3か月から1年という場合もあり、入荷日未定との回答も珍しくありません。入荷日はその都度報告させていただきます。
クレジットカード決済の場合有効期限があります関係上、再入荷日が長期の場合は一旦キャンセルとさせていただきますのでご理解ください。

▲ close

四日市萬古焼の返品、交換は可能?
品違い、欠陥または破損品の交換は弊社負担でいたしますのでご安心ください。
メールまたは電話でお名前、電話番号、できましたら注文番号、またはご注文日か、お届け日、商品名をご連絡ください。
破損品の場合は必ず運送会社への事故報告をお願いいたします。事故報告のない破損品の交換には応じられません。

▲ close

色、形が思った物と違うのですが、交換は可能?
商品画像は多くはプロのカメラマンでなく、窯元で撮られたものや、パンフレットをスキャナーで取り込み加工したものが含まれています。ライティングや画像処理で微妙に色彩や風合いが異なったり、カメラアングルにより商品の見え方が変わってきます。
色彩や形状にこだわりがあるお客様は、デパートや展示場で直接手に取ってご購入ください。
交換には応じますが、返品の送料はご負担ください。

▲ close

ページの先頭へ

Copyright(C) 丸氷、氷河の氷、カキ氷資材、ドライアイスなど多品種の氷を販売「氷.com」 All Rights Reserved.