天 然氷も扱っていた老舗の氷屋です。
オールシーズン、氷、かき氷用品、
ドライアイスを販売しておりますので、
覗いてみてください。
地元三重県地場産品も多数扱っています。

氷
氷
ドライアイス
かき氷
アイスクリーム
冷凍食品
お菓子
ロックグラス
木製品・竹製品
ドライアイス
万古焼
アラスカ氷河紀行
アラスカ氷河
店舗販売
Facebook

志摩スペイン村パルケエスパーニャ
八景島シーパラダイス
志摩スペイン村パルケエスパーニャ「氷の城」
2002年
夏休みに間に合わせるため、零下30度の冷凍庫の中で終日奮闘いたしました。
工期は2002年7月12日から7月18日、55cm×27cm×100cm:135kg角氷
220本総重量およそ30トン、55cm×12cm×50cm:スペインの赤いバラの氷中花
およそ90枚を使用して施工いたしました。
企画立案、元請け会社は、株式会社ドリームスタジオ
氷彫刻の施工は名古屋ケービングクラブ、赤いバラの氷中花の制作は株式会社名東製氷に依頼いたしました。


「氷の城」正面入り口
正面入り口 こちらが「氷の城」正面入り口
土曜、日曜、夏休み期間はご覧の通り、別途入場料が必要でしたが 夜間でも行列が出来るほど賑わっておりました。
スタンプを押してもらうと、(当初はシールを貼ってもらうと)何度でも入場できたので、夏場は涼を求めに大勢が詰めかけました。
最初の雪の部屋です。
通路の両側には、スペイン村の可愛いキャラクターたちが、雪の妖精となって、出迎えてくれます。 雪の妖精
氷の部屋の入り口です。
正面入り口 2体の大きな雪だるまが案内してくれるのは、スペインの赤いバラの回廊です。
高さ2m50cmの氷の壁に囲まれ、総延長14m余り。バラの氷中花90枚余りが使われております。
氷の回廊です。
回廊の突き当たり壁面は、全面をバラの氷中花で埋め尽くされ、左に折れると、中央に「氷の城」が見えてきます。 バラの回廊
「氷の城」のシンボルです。
氷の城 幅2m、奥行き2m、高さ2m(飾り部分を入れると2m50cm弱)。
間口1mのアーチ型の入り口が、四方に設けられ、自由にくぐり抜けることができます。
手前に丸テーブルと、5脚の椅子が見えます。
氷室です。
幅2m、奥行き2m、高さ2m、間口1m。
アーチ型の入り口をくぐると、 片面がバラの氷中花で彩られております。
氷室
氷の暖炉
氷の暖炉 幅1m50cm、奥行き1m、高さ1m。
暖炉には氷の薪がくべられ、
壁面にはドンキホーテとダルシネアの額が飾られております。
ドンキホーテとダルシネアの氷彫刻
隣は二人の寝室です。
ベッド内部の蛍光灯が幻想的な明かりを浮かび上がらせ、
何組のカップルが氷のベッドに横たわったでしょう。
枕元にはドンキホーテから贈られた、ルビーの指輪が埋め込まれていました。
ドンキホーテとダルシネアの氷彫刻

志摩スペイン村パルケエスパーニャ「氷の城」

2003年
春休みを控え、補強をかねて迷路風にリニューアルいたしました。
基本工事は2003年2月4日、55cm×27cm×100cm:135kg角氷
51本総重量およそ7トンを使用して施工いたしました。



「雪の部屋」内部
「雪の部屋」内部 前年度まで通路の縁は、固められた雪のスロープになっておりましたが、
雪の小径の両側に、高さ70cmほどの柵を設けました。
柵は当初、高さは1mに施工いたしましたが、
お子様の目線を配慮して手直しいたしました。
リニューアル後の「氷の城」
周囲を氷壁に囲まれ、氷のラビリンスの風情を呈しています。
厳重に氷の城壁に守られた「氷の城」は、
自由に出入りでき、触れることもできます。
リニューアル後の「氷の城」
氷室
氷室 内部で縦に光っているのは、冷凍庫仕様の蛍光灯です。
天井部の照明は白熱灯を使い、氷壁面内部にはこの蛍光灯が使用されました。
幻想的に白く浮かび上がった、寝室のベットもこの蛍光灯の演出です。
ドンキホーテとダルシネアの氷彫刻
ドンキホーテとダルシネアの氷彫刻が見えます。
悪戯する人が続出し、残念ながら、今回から手が触れられないように、
二重の柵が設けられました。
ドンキホーテとダルシネアの氷彫刻
最新のスペイン村「氷の城」の画像、動画はFacebookのページをご覧ください。